ときめきのカケラ☆

専業主婦歴20年の16畳シンプルな暮らし

【不用品回収】物置の解体処分 かかった費用と注意点

f:id:SHI_NO:20190820182625j:plain

 

庭にずーーっと放置されていた写真の物置を、やっと解体処分することにしました。

 

両親が言うにはこの物置、なんと新築当時の47年前からあったみたいです!

 

物置はとっくに使われておらず、親も「何が中に入っているのか知らない」と言います(^^;

 

なぜ今までほっておいたのかと言うと…

業者さんにいろいろと手配するのが、正直面倒くさかったんです。

両親も、もちろん私も。

 

なのでズルズルと放置してしまいました。

 

しかし物置の劣化がいよいよ激しくなって、重い腰を上げた次第です。

 

終わってみたら、かかった費用も思ったほど高くなく、あっという間に業者さんが解体処分してくれました。

 

「これならさっさと業者の人に、連絡すれば良かった…」

物置を処分した直後の、両親のセリフです。

 

「物置の解体処分を考えている」方へ、参考になればと思います。

 

※費用などは業者さんによって、かなり変わると思います。

 

 

 

まずはビフォーアフターからどうぞ!

ビフォー:47年前の物置

 

《物置:表側》

f:id:SHI_NO:20190820182625j:plain

 

15年ほど前に一度ペンキを塗っているので、一見すると「むちゃくちゃ汚い」とまではいってないかな?

 

《物置:裏側》

f:id:SHI_NO:20190820183205j:plain

 

でも裏側に回れば…赤い屋根部分に注目 してください。

屋根の一部が錆びて、崩壊しかかってるんです!

大型台風が直撃したら、取れて飛んでいきそう。危険ですっ。

 

それではアフターへ。

 

アフター

 

f:id:SHI_NO:20190820183400j:plain

 

ハイ。スッキリしましたーー!

 

いや~スッキリしすぎで、ご近所さんから見え見えです。

庭に干してる洗濯物、まる見え確定(汗)

 

それではキレイに処分できた経過を、詳しく紹介していきます。

 

物置の解体処分について

 

「かかった費用」と「かかった時間」2つ書きます。

 

解体処分の費用はいくら?

 

費用は合計¥22,000でした。

思ったより安かった!

 

↓が内訳ですが、項目ごとの費用が少し曖昧です…。

  • 物置本体の解体処分費
  • 物置中身の処分費
  • 基礎ブロックの処分費

 

上の3つの総額が¥22,000でした。少し補足説明していきますね。

 

物置の大きさを確認してから、見積もり依頼

 

我が家にあった物置は、金属製です。

大きさはこのくらい↓

幅:230㎝ 

奥行:150㎝ 

高さ:200㎝

 

同じ金属製でも解体処分費は、物置のサイズで変わるようです。

 

私が気を付けたこと

物置のサイズを確認してから、業者さんに見積もり依頼の電話をかけました。

 

そうすると電話で、大まかな解体処分費について聞くことができ助かりました。

 

物置の中身も処分を依頼

 

お恥ずかしながら、物置の中身です。汚いですよ!

 

 

f:id:SHI_NO:20190820184347j:plain

 

ゴミの回収日に「サッと捨てられない物」の置き場に、なっていたみたいですね。

 

例えば薬剤系のスプレーやら、金属製の長い棒やら、小型の収納家具などなど。

これら中身も全部一緒に、処分してもらいました。

 

私が気を付けたこと

見積もりに来た業者さんに、物置の中身を見てもらいました。

 

本当に処分できるのかの確認総額いくらかかるのかを聞きました。

 

基礎のコンクリートブロックも処分を依頼

 

我が家の物置は、土の上にコンクリートブロックを置き、その上に乗っていました。 

物置が解体されると、基礎のコンクリートブロックがあらわになります。

 

土の上に数個置いてあるだけなので、すぐに自分でも撤去できます。

 

でもそこそこ重いコンクリートブロックを、どう処分したらいいのか分からないので、一緒に持って帰ってもらうようにしました。

 

解体処分にかかった時間は?

 

作業する方、1人だけで2時間強かかりました。

 

なにせ古いのでネジが錆びついています。だから切断して解体だったので、結構時間がかかったかも。

 

物置の解体前に注意したいこと

 

 上に書きましたが業者さんからネジが錆びているので、切断して解体しますと言われていました。

 

かなりの音が出ると予想。

事前に「隣と後ろの家」にあいさつに行きました。

 

いやー言っておいて良かったです!

かなり「ギーーン」 という金属を切断する大きな音が、断続的にしてましたから。

 

どの業者さんに、物置の解体処分を頼んだの?

 

 

f:id:SHI_NO:20190820184850j:plain

 

私は不用品回収業者さんに依頼しました。

 

写真の広告は新聞と一緒に、チラシとして入っていたものです。

地域の不用品回収業者さん、便利屋さんなどのチラシが、たまに入っています。

 

目に留まったチラシがあれば、ファイルするようにしています。

 

そうすれば「いざ」という時、サッと探せて便利です。

実際、今回の物置解体の時にも役立ちました!

f:id:SHI_NO:20190820185002j:plain

 

個別フォルダーに掘り込んで、無印のファイルボックスに収納しています。

 

↑Amazon コクヨ個別ホルダー

私の購入品は見つけられず、ポリプロピレン製の似た商品です。

 

まとめ

 

物置の解体処分する際に、私が気を付けたことをまとめておきます

 

1.まずは物置のサイズ(幅・奥行・高さ)を測る

  

2.業者さんに連絡する

  • サイズを言って大まかな見積もり金額を電話で確認
  • 見積もり依頼日を決める

 

3.見積もりの日に、以下を確認

  • 物置の中身を見てもらい、処分できるか確認
  • 費用の総額を確認:物置本体、物置中身、基礎のブロックの処分費

 

4.金属製の物置を切断する場合、解体の日までにご近所さんにあいさつ

 

以上です。

 

庭にある物置なんて、どう処分していいのか分からずに、ズルズル来てしまいました。

 

でも業者さんに連絡するとホントあっという間です。

多分どこに頼んだらいいのかが、一番のネックなのでしょうね。

 

私は新聞のチラシで見つけましたが、ネット検索の方が見つかりやすいかも!

 

外にある不要な物置が気になっているなら、ぜひ処分してサッパリしませんか?

私の体験が参考になれば幸いです(^^)

 

 

 
クリックしていただけると嬉しいです (^^)
    はてなブログ
 
ランキングサイトに参加しています