ときめきのカケラ☆

専業主婦歴20年の16畳シンプルな暮らし

【狭くて奥行き深い】クローゼットで四苦八苦。「何とかなった!」

f:id:SHI_NO:20190628184441j:plain

 

 

居間にある私の洋服を収納している、クローゼットです。

奥行きが深いのが分かるかなと、斜めから写してみました。

 

 広さは、押し入れ半間ほど。

押し入れ半間のサイズ:幅91㎝×奥91㎝

私のクローゼットのサイズ:幅86㎝×奥84㎝

 サイズはあまり違いませんね。

 

クローゼットには、私が着る1年間の洋服と生活雑貨も少し収納。

アウター(コートやブルゾン)は、ちがう場所に置いてあります。 

 

 

「狭い&奥行き深い」クローゼットで、悩まれている方の参考になればと思います!

 

 

クローゼット収納のコツ まずは狭いを克服しよう

 

f:id:SHI_NO:20190628185124j:plain

 

扉を開いたクローゼットの全体像はこんな感じです。

 

アウター類は他の場所に収納していても、部屋着や外出着など1年間の洋服を入れるのに十分なスペースとは言い難い…。

 

いまはファストファッションで、手軽に洋服が手に入る時代です。

あれもこれもと手を出していたら、とんでもない事になるのは目に見えており…。

 

狭いクローゼットをスッキリ保つため、私は自分の心に言い聞かせている事があります

 

スペース以上の服は持たないと誓う

 

「収納場所以上の服は持たない」なんて当たり前すぎて、すみません。

でもこれ以上は無いというか…。 

 

スペースが有限である以上、そこに収まりきらない洋服は持たないという、強い意志しかないと思って実行しています。

 

私はけっこうバシッと、決めれるタイプかもしれません…。

 

では服を少なく保つのに、私が心掛けているルールを紹介します。

 

有名な「1イン1アウト」を徹底する

 

 

シンプルライフを目指す方には、お馴染みの1イン1アウト。

 

補足:「1つ買ったら1つ手放しましょう」という考え方です。

 

この1イン1アウトの法則を、服を買うとき常に意識しています。

具体的には、以下のどちらかのパターンです。

 

 しっくりこない服→新しい服を買う→しっくりこない服を手放す

 

 しっくりこない服しっくりこない服を手放す→新しい服を買う

 

この行動パターンを続けると、服が増えて困るなんて事態には、なりようがないです!

 

まあ私もお店で出会ってしまい、衝動的に欲しくなる!なんてこともあるワケで…。

 

そんな時には「私の持っている服をどれか手放してまで、この服が欲しいの?」と心に問い掛けるようにしています。

 

 クローゼットが服であふれてしまっている」方へのアドバイス。

ずばり、1イン2アウトです。

大変です、アウト(手放す)数が増えました!

 

まず1つ買ったら2つくらいは手放す覚悟じゃないと、スッキリさせるのは難しいかもしれませんね…。(厳しすぎですか?)

 

クローゼット収納のコツ つぎは奥行きを克服しよう

 

 クローゼットの奥行きには、下の通りです。

 

一般的なサイズ:60㎝前後の奥行き

 私のクローゼット:84㎝の奥行き

 

これだけ奥に長いと、なかなか後ろのスペースの活用が難しいです…。

 

一般的に奥行きが長い空間に、物をしまうときは、スペースを前後に分けて収納する方法があります。

 

私のクローゼットも3ヶ所でそれを取り入れており

  • 前側:よく使う物
  • 後側:あまり使わない物

に分けて収納しています。

 

具体的な3ヶ所は、下の通りです。 

  • 天井近くの上部の棚
  • 洋服を掛けるポール付近
  • 洋服下の足元スペース

それぞれ説明していきますね。

 

天井近くの上部の棚

 

 このクローゼットには、上部に棚が2段あります。

もちろんこの棚も奥に長いので、スペースを前後に分けて収納。

 

f:id:SHI_NO:20190628190418j:plain

 

前側:よく使う物を置いています。

 

  • かばん 
  • 日用雑貨のストック(洗面器は布類のつけ置き用です)

 

居間にはこの収納スペースしかないので、日用品も収納。

 

 

f:id:SHI_NO:20190628190511j:plain

 

 後側:手が届きにくいので、低い使用頻度の物を置いています。

 

  • 公園に持っていくブルーシート
  • 冬のリラックスタイムに必要な毛布
  • めったに使わない雑貨やストック

 

洋服を掛けるポール付近

 

 

f:id:SHI_NO:20190628190651j:plain

 

手前には普通に洋服が掛かっています。

でも 奥行きが深いクローゼットの場合、後ろに空間が出来てしまいます。

 

f:id:SHI_NO:20190628190722j:plain

 

洋服をのけた後ろのスペースがこちら。

 

私はフックを取り付けて、紙袋を吊り下げています。こうしてデッドスペースを少しでも活用するようにしています。

 

紙袋の中身は

右:手袋、帽子のグッズ類

左:古い衣類でウエス用に

 

ウエスは、古い洋服やタオルを小さく切って、使い捨てペーパーの代わりになるものです。私は専用のハサミを紙袋にかけています。

 

洋服下の足元スペース

 

 ここは以下のエリアごとに、奥行き対策を書いていきます。

 

  • 衣類を入れている大型の収納ケース
  • 生活雑貨を入れている小型の収納ケース

 

衣類の収納ケース

 

 

f:id:SHI_NO:20190628190845j:plain

 

ポールに掛けた洋服の下には、プラスチックの収納ケースを置く場合が多いはず。

クローゼット用の収納ケースの奥行きは50㎝くらいです。

 

それでは奥行き84㎝あるクローゼットに合わないので、私は押入れ用の収納ケースを選びました。これだと奥行き74㎝なので、いい感じに収まります。

 

選んだ商品はこちら↓

【天馬公式】フィッツユニットケースの通販 | 収納用品ならテンマフィッツワールド

 

天馬は収納ケースで有名な会社ですが、グレード違いの商品をラインナップしているって知っていました?

普通グレード:フィッツケース

上のグレード:フィッツユニット

 

今回選んだのはグレードが高いフィッツユニットの方です。

  • 1/7の軽さで引き出せる(公式サイトの説明)
  • 引き出しにはストッパー付きで、抜け落ち防止になる

 この2点が気に入りこちらに決定。

 

押入れ用の収納ケースはたくさん入る分、引き出すのに力がいります。

フィッツユニットは軽い力で開けれるので、すごく満足です!

 

生活雑貨を入れている収納ケース

 

f:id:SHI_NO:20190628191048j:plain

 

 衣類の収納ケースを配置したら、横に30㎝の余白がありました。

幅30㎝×奥84㎝のスペースとなります。

 

やはり奥に長いので、こちらも前後収納としました。

 

前側:無印 PPストッカー4段→掃除用品のストック、電池・ガムテープなど

   無印 ファイルボックス→化粧品のストック、カールドライヤー

 

後側:季節家電の上にトレーを置き、トイレットペーパーをのせています。

 

なぜこんなところにトイレットペーパー?

疑問ですよね…。繰り返しになりますが、このクローゼットは居間にあります。

トイレが居間にあるため、ここに収納するのが便利だからです!

 

私なりに洋服と上手に付き合う

 

 狭いクローゼットに洋服だけでなく、日用雑貨も収納せざるを得ず、何とも四苦八苦した場所です。しかも奥行き深い…。

 

まあまあ上手くいったのではないかと、自分で自分をほめたいです!

↑オリンピック?

 

少なめの服をヘビーローテーションして、使用感が目立ってくれば新しい服を買う。

この繰り返しが、狭くてもスッキリをキープできる秘訣かな?

 

ユニクロやGUは店頭に、自社の洋服を回収するボックスがあるのを知っていますか?

 

私と夫さんの洋服はユニクロ・GUが多いので、回収ボックスのお世話になっています。

 

リサイクルショップや回収ボックスなども利用して、上手に洋服と付き合えればいいなと思っています。

 

 

 
クリックしていただけると嬉しいです (^^)
    はてなブログ
 
ランキングサイトに参加しています