ときめきのカケラ☆

専業主婦歴20年の16畳シンプルな暮らし

食器棚を持たない暮らし 結果【少ない食器でシンプル生活に】

f:id:SHI_NO:20190613220320j:plain

 

タイトルに「食器棚を持たない暮らし」とありますが、そう望んだ訳ではありません。

 

単純に食器棚の「置き場がない」のです…。

 

なのでキッチン本体の引き出し3段を、食器の収納場所としました。

(写真の引き出している部分です)

 

そもそも入る場所が限定されているので、結果的に少ない食器でシンプル生活です!

 

各引き出しの中身を紹介しますね。

 

 

 

食器棚替わりのキッチン引き出し

 

f:id:SHI_NO:20190613220436j:plain

 

2人暮らしで必要な食器をこの3段の引き出しに収納しています。

 

食器集めが特別好きなタイプではなく…。

狭い収納スペースなので数を少なくはしたい。

だけど本当にギリギリに厳選してしまうのも、なにか違う感じがしました。

 

だから盛り付けを少し楽しめる程度にと、食器選びには気を使いました 。

 

上の引き出し▼よく使う食器とカトラリー

 

f:id:SHI_NO:20190613220541j:plain

 

立ったまま開け閉めしやすい位置。なので使う頻度が高い食器を集合させました!

  • カトラリー
  • 小皿
  • 小鉢
  • コップ
  • ごはん茶碗
  • 汁椀

 

私の食事スタイルは下の通りです。

胃が弱く小食で、お昼は特に食べる量が少なめです…。

そのため小皿・小鉢に少しずつ料理を盛りつけます。

 

お昼ご飯の準備としてこの引き出しを開けると

コップ、お茶碗、小皿、小鉢、お箸

 

これらを一度で取り出すのが可能で、手間がかかりません。

もちろん違う食器を使うため、下の引き出しを開ける場面もままありますが…。 

 

 

カトラリーについて 

  

実はカトラリーボックス、2段重ねになっています。

出して撮ってみました。

 

f:id:SHI_NO:20190613220615j:plain

 

  1. 上:普段使いのカトラリーを収納
  2. 下:あまり使わないカトラリーと箸置きを収納

 

1.普段使いのカトラリー

 

このボックスごと食事するときに出して、後ろにあるカウンターの上に置きます。

その都度引き出しを開けて、中から取り出す手前をはぶくためです!

 

2.あまり使わないカトラリー、と箸置き

 

重なった下側のボックスなので、使用頻度が低めのカトラリーを入れています。

  • 予備の小さめスプーンとフォーク
  • パスタにしかほぼ使わない、大きめフォーク
  •  休日のみの使用が多い、箸置き

 

 中の引き出し▼ほどよく使う食器と保存容器

 

 

f:id:SHI_NO:20190613220656j:plain

 

下から2段目にあたります。

 

この位置になると腰を少しかがめないと、開閉できません。なので上の引き出しよりも使用頻度が少ない食器を入れるようにしました。

 

  • 中鉢
  • 中皿
  • マグカップ
  • 保存容器

 

 

中鉢

使用しているのは無印↓。お鍋の取り皿としても使っています。

 

www.muji.net

 

この引き出しでは、いちばん使用頻度が高い中鉢。

本来なら上の引き出しに入れたいですが、スペースには限りがあります。

 

だから開けてすぐ手に取れる、手前の右側を置き場所としました。

 

 

中皿

www.muji.net 

 

こちらも無印のボーンチャイナシリーズ。

 白いお皿は和洋中、料理の種類を選びませんね。

 

 

魚料理用としても愛用しています。端が少し立ち上がり気味なので、煮魚のお汁を入れてもこぼれにくいです。

 

「魚料理といえば四角いお皿でしょ。」と探しましたが(私の基準です)、ピンとくる物に出会えず…。

買えないまま煮魚を作ったとき、白い丸皿にのせたら、魚料理にも合う。しかもお皿の立ち上がりが絶妙で煮汁がこぼれにくいのにも感激しました。

  

マグカップ

 

 ガラスコップに比べて、マグカップを手に取るのは少なめ。 

 

なのでガラスコップは上の引き出しに。マグカップは少しかがむ必要がある、こちらの引き出しに収納しています。

 

こちらのマグカップ、よく見て下さい。↓

 f:id:SHI_NO:20190613220801j:plain 

ロゴマークが見えますか?スターバックスの人魚マークです。

 

スタバで注文するとき「マグカップで。」と伝えると出てくるマグと同じもの。

 

知っている方も多いと思いますが、ネットや店舗で買えます。

これで飲むと「おうちカフェ気分」がさらに盛り上りをみせます!

 

↓サイズ大小あります。こちらは小さい方。

www.starbucks.co.jp

 

 

保存容器

  

f:id:SHI_NO:20190613220937j:plain

 

こちらジップロックコンテナーですが、旧商品で現在販売はされていない様子。

 

お皿と一緒に収納している訳は、使う頻度が高いからです。

 

おかずを多めに作ったりしたら大活躍。

でも主な用途は、ご飯を一度に4合炊いて冷凍するときに利用します。

 

 

下の引き出し▼大型の食器と大きめ保存容器

 

f:id:SHI_NO:20190613221023j:plain

 

キッチンの一番下段のスペースで、上の引き出し3段と比べて深さがあります。

なのでここに入れる食器は、上の2段に比べて大型で重さがある物としています。

 

  • 大鉢
  • 大皿
  • 麵(丼)の鉢 
  • グラタン皿
  • 中型の保存容器
  • 耐熱ガラスふた

紹介したいアイテムをピックアップします。

 

 

麵(丼)の鉢

 

写真では右側奥に写っている、淡いブルーの食器。

 

ニトリ「スタッキングできるボウル DAY Value 15cm」税込み¥299

www.nitori-net.jp

 

名前に「ボウル」とあるように、もともと洋食器想定でしょう。

 でも私はうどんや親子丼を食べるのにも使っています。

 

「和のどんぶり鉢」と言った風情はないのですが、この淡いブルーがすごく和の食事シーンに合います。

 

もちろんサラダなど入れてもキレイ。汎用性が高く値段が安くホントおすすめ。

なんと一つ¥299。

まさに「お値段以上」です!

 

 

中型の保存容器

 

青い容器はジップロックコンテナーの旧商品で、現在の物とは形が違います。

 

こちら保存容器でも大きめなので、大きい食器と一緒の場所に保管。

 

耐熱ガラスのふた

 

 

f:id:SHI_NO:20190613221128j:plain

 

使用例↑。多めに作った料理を大皿に盛り付けて、冷蔵庫にしまう時に使っています。

 

ラップを使わなくていいのでエコでもあります!それにラップより見た目がキレイで冷蔵庫を開けたときのテンションが違います。

 

しかも耐熱ガラス製のため、このままレンジへgoが可能。

 

食器の上に重ねて置いてしまっているので、下の物が取りにくい点が気になります。

もう少し収納スペースに余裕があれば、独立した形で入れたいところです。

まとめ

 

 私には食器選びにおいてルールが2つあります。

  • ブルー&ホワイト
  • 磁気であること(陶器でない)

汁椀においてはこれの限りではありません…。

 

自分の中に選ぶ基準があると、持っているどの食器を組み合わせても合わせやすいですよね。「ちぐはぐになった!」は大部分で回避できるのではないでしょうか。

 

お気に入りの食器に入れると、「いまいちだなぁ」と感じる料理でも少し美味しそうに見えますし、逆もしかりですよね。

 

食器のパワーは、侮れません。あなたもお気に入りの器でステキな食生活を!

 

 

▶こちらもどうぞ

【狭いキッチン】の配置とシンク下収納

【小さいキッチン収納】のアイデア コンロ下は食品庫に作戦

 

 

 
クリックしていただけると嬉しいです (^^)
    はてなブログ
 
ランキングサイトに参加しています